無垢フローリングとウレタン塗装

無垢フローリングをウレタン塗装した場合

無垢フローリングの塗装仕上げについて

無垢フローリングとウレタン塗装

無垢フローリングはそのままでは、反れやすかったり割れやすかったりとしてしまいます。

自然の木材をそのまま使っているので、メリットもたくさんありますが、こうしたデメリットも存在するわけです。

ですが、このデメリットをカバーするために塗装仕上げをしっかりと行うのが良いでしょう。

塗装仕上げには、自然塗装仕上げとウレタン塗装仕上げと言うのが代表的にあります。

ウレタン塗装仕上げについてお話ししていきたいと思います。

ウレタン塗装とは、名前のとおり、表面をウレタン樹脂で塗装して仕上げます。

このウレタン塗装で仕上げると、自然塗装仕上げをしたものよりも表面につやが出来るのです。

これは、微妙な差とかではないので見るとすぐにわかってしまうくらいに違います。

木の表面に塗膜が出来ます。

ですから汚れが付きにくく、水もしみこみにくくなっているのです。

よって、掃除やメンテナンスもしやすいと言われています。

デメリットは、木の呼吸が少々妨げられてしまうので調湿性が減ってしまうと言うところですね。

ですので、夏場ではべたついてしまったり、冬場はひやっとした感じが多少なりともあるというわけです。


Copyright (C) www.thejinglesite.com. All Rights Reserved.

無垢フローリングの塗装仕上げについて